星野美咲 日々徒然

心のメモ帳~想うこと、感じたことetc.~

~ 母へ ~ 貴女の分も生きています

3月4日は、亡き母の誕生日。

「あと1日早く生まれてたら、女の子の節句だったのにねぇ」って、いつも言っていたけれど。

大丈夫。貴女は十分、最期まで女の子だったから♪

晩年、体調を崩すようになってから、負けん気の強かった母が段々弱気になって、

拗ねる、いじける、羨ましがる、まぁ… 面倒くさくなってきたけれど…(笑)

そのすべてが愛らしくて、憎めなくて、放っておけなくて、

可愛い人だったねと、今でも言われているのは、我が母ながら凄いと思う。

 

似てるよ(笑)って、近しい人は言うけれど、私にしたら、まだまだ修行が足りない(笑)

 

そんな母が、いつも、あたしを羨ましがっていた。

  • 「あなたは自由でいいわねぇ~」
  • 「お母さんは、やっと自由になれたと思ったら、病気になっちゃって...」
  • 「お母さんの分まで、好きな事はなんでもやってね。」

何度も同じ話を繰り返すから「はいはい…」と聞き流していて、ごめんね。

 

時代が違うと言ってしまえばそれまでだけれど

母は、若い頃に父親(祖父)を亡くし、祖母と二人、稼ぎ頭となって妹や弟たちを養ってきた。

母の話によると、自分の給料を全部使えるようになったのは、30歳頃だったらしい。

 

結婚したのが35歳。新婚時代は、姑と義弟と同居でスタート。

今の婚活で言えば、「え~!厳しい~それ!」というところだろう。

義弟が結婚して家を出て行き、その少し前、母が38歳の時に、あたしが生まれた。

16年勤めていた会社をキッパリと辞めて、専業主婦になったのだから、

育児に専念する気構えは相当大きかったと思う。

 

仕事人間だった父と、庭や手芸は好きだけれど家事は一切やらない祖母と(笑)

我儘なあたしの世話を焼く日常は、楽しいこともあっただろうけれど、

ひとりで自由に動ける時間なんて限られていた。

 

祖母が亡くなって、あたしが嫁いで、父も仕事を引退して、

さぁ、これから旅行に行くぞ~、美味しい物食べ歩くぞ~っていう時になって、

  • 気管支炎から喘息になる

  • 緑内障が悪化。手術をしたら片目の視力を失う。

  • そのおかげで家の階段から落ちて、腕を複雑骨折

と病院と縁の切れない生活を強いられるようになってしまった。

それでも、365日具合が悪いわけではないのだし、自宅で日常生活を送れるのだから、

体調が良い時に、どこかに連れ出そうとすると、

「お母さんは、家が一番好きなの!」と駄々っ子のように動かない(苦笑)

 

58歳の時に、建て替えた家は、母の意見が90%以上通った注文建築で、

そういうのも、決してごり押しするのではなく、

「~だったらいいなぁ」「~みたいなの欲しいなぁ」と可愛く父に甘えて

YESと言わせてしまう、そのテクニックったら、ホント凄い(笑)

 

引き寄せの法則」とか「男を虜にするテクニック」とか

まったく意識しないままの天然だから、素晴らしい(笑)

相手を褒める、相手を気持ちよくさせるという部分では、天才だったのだと思う。

 

母が、今のあたしの年齢の頃は…

1人で出かけても、夕飯の支度までには戻ってきてた。

夜中に飲みに行くとか、1人で旅行に行くとか、一度もなかった。

ひとり時間の楽しみは、デパートでお買い物した後に飲む、喫茶店の紅茶や

内緒で買って桐の箪笥に隠してあった、ロイヤルゼリーのドリンク。

 

母の幸せの大半は、家族の元気な笑顔や、ご馳走様の一言だったんだろうな。

 

母とは、埼玉の実家と当時住んでいた千葉と、別々に暮らしていたから

よく誕生日には、ブログで手紙みたいな独り言書いて

それを印刷して、渡していた。

遺品を整理していたら、その紙が全部出てきて、恥ずかしいやら、切ないやら(苦笑)

 

今日はお墓参りに行ってきたけど、此処でも呟いておこう(コホン!)

 

-------  母へ ------------------------------------

今日も…というか、日付が変わってしまったけれど

なんだか、貴女のことを想って、いろいろ書いています。

個人情報、勝手に出してごめんね(笑) 

 

それにしても、お母さん。

会って、電話して、次の日倒れてそのまま逝っちゃうなんてさ

「育ててくれて、ありがとう」みたいな、貴女が好きそうな台詞も

言ってあげられなかったじゃない。

 

きっと「生まれてきてくれて、ありがとう」とか照れもせずに言い返すの

想像できるから、別にいいけれど(笑)

 

「あなたがいるから、お母さん頑張れるのよ。」

「ほんとに、あなたを産んでおいてよかったわ~。」

って耳にタコができるほど聞かされて育ったおけげで、

あたしは、やたらとポジティブだし、自分大好きでいられます(笑)

 

同じように、あたしも、息子にも言っちゃっていたみたいで

貴女の孫も、前向きで立ち直りが早いのが取り柄です(笑)

 

一人娘のあたしが嫁いだから、苗字は途絶えてしまったけれど

貴女の血は、ちゃんと引き継いでいるよ。

 

「あなたは、お母さんの自慢の娘♪」って

ずーっと言い続けてくれたおかげで

今も、自分の信じる道を、胸を張って歩けています。

 

やっぱり、ちゃんと伝えたかったな。

貴女が生きているうちに。

 

「ありがとう。貴女は私の自慢の母です。」って。

言って、泣かせてあげたかったな。

 

お母さん、

あたし、貴女の分も、自由に楽しんで、毎日を生きていきます。

空の上から、お父さんと一緒に仲良く見守っていてください。

f:id:misaki_hoshino:20180305010544j:plain

 

「いつまで起きてるの~!もう寝なさい、身体壊すから」って

心配してくれる人がいなくなったから

夜更かしが治らないけど(苦笑)

 

じゃ、またね。

--------------------------------------------------------------

思いつくままに書いた(打った)ので長くなりました。

たまたま読んでくれた方、失礼いたしました<(_ _)>